月刊 「Kiss」で連載中の海野つなみさんの漫画「逃げるは恥だが役に立つ」(以下「逃げ恥」)がTBSでドラマ化され、平均視聴率20%超えを達成!2016年の秋冬を代表するドラマとして話題になりましたね!

で、何がそんなに面白かったの?
​恋ダンス?

「雇用主と従業員」の関係から「共同経営責任者」へ…

いやいや、やっぱり「内容」が良かった〜! 

職ナシ彼氏ナシの主人公・森山みくりが、恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡と、あることがきっかけで 「仕事としての結婚」 をすることに。夫=雇用主、妻=従業員の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、徐々にお互いを意識し出す妄想女子とウブ男… はたして契約結婚の行方は !?新しい 「結婚」 の形、そして 「仕事」 について考えさせられるとともに、個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとする社会派ラブコメディで見る人に元気をお届けします !!

引用元:TBSテレビ 火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』introduction より


「夫=雇用主、妻=従業員」という関係からはじまった夫婦生活。 ハグの日や新婚旅行を経て少しずつお互いに対する気持ち(愛情)に気づいていく2人…。リアルに結婚や子育てを通じて「夫婦のカタチ」に向き合っている方々の間では、星野源さん演じる夫の津崎平匡と、新垣結衣さん演じる妻の森山みくりが最終回でどんな関係に至るのか?目が離せなかったのではないでしょうか?

そうした中で最終回に平匡から飛び出した台詞がコレ!

「夫が雇用主で妻が従業員、そこからして間違っているのでは。主婦も家庭を支える立派な職業になる、そう考えれば、夫も妻も共同経営責任者」

主従関係的な夫婦のカタチを超えて、互いを「一つの家庭を支える対等な存在」として認め合う。
「共同経営責任者として、働き方や暮らし方を一緒に模索していく夫婦になる」という、産後夫婦ナビとしても大共感!なラストとなりました。

逃げるは恥だが役に立つ…これこそまさに「世帯経営」!!

それというのも、逃げ恥は「世帯経営」そのもの!だったんですよね。

「世帯経営」とは?

夫婦は「世帯の共同経営者」。世帯経営とは、“わたし”だけでなく“わたしたち”で未来を創るという姿勢で、世帯の共同経営者である夫婦の理想をカタチにする思考法です。
“わたしたち”を主語に夫婦会議をすると効果的。「僕が、私が」とお互いの主張を競い合う関係から「私たちとして、どうするか?」という視点で対話を進めていくことができるようになります。

※「世帯経営」はLogista株式会社の登録商標です。(登録第5898897号)
※「世帯経営」はあらゆる世代のご夫婦にお役立ていただける思考法ですが、夫婦関係の土台が形成される初期段階(結婚前〜産後数年)に取り入れていただくことをおすすめしております。

原作の漫画・ドラマ共に、子無しの新婚夫婦が描かれていますが、子どもの有無や、共働きか専業か…などに関係なく、「自分たちにあった夫婦・家族のあり方」を対話を通じて模索していこうとする姿勢が、長く幸せな夫婦で居続けるための秘訣だと思います。

高度経済成長期を支えた「男が稼いで、女が家を守る」というかつてのスタイルを否定するものではありませんが、それは夫婦納得の上のスタイルなのか?そこが肝心。特に、夫婦ふたりの間に「子ども」という存在が加わるようになると、家事や育児の進め方だけでなく、働き方やお金の使い方、住まいに対して求めること、時間の使い方など様々なことですれ違いを感じる場面が増えるもの。その時々で、対話を通じて合意できる夫婦関係の重要性を感じることになるでしょう。

「わたし」だけでなく「わたしたち」としての道を歩んでいけるように。
夫婦だからこそ描ける今と未来を、平匡やみくりのように実感できるようになると素敵ですね!

「夫婦会議」を始めてみませんか。

「夫婦会議」とは?

「夫婦会議」とは、人生を共に創ると決めたパートナーと、より良い未来に向けて「対話」を重ね、行動を決める場のことです。

自分一人の意見を通すため・相手を変えるために行うものではありません。わが子にとって、夫婦・家族にとって「より良い家庭環境」を創り出していくことを目的に行います。

ふたりのペースで「夫婦会議」を始めてみる!

夫婦で産後をデザインする「世帯経営ノート」
https://www.3522navi.com/guide/archives/52

家庭も仕事も大切にしたい…もっと夫婦で協力し合えたら…。そんな産後のご夫婦の声を元に開発した「夫婦会議ツール」です。家事、子育て、仕事、お金、住まい、セックス、自由時間、美容と健康、祖父母との関係など、産後の夫婦がすれ違いやすいポイントに的を絞って質問や例題を設定。夫婦を世帯の共同経営者に見立てた「世帯経営」というオリジナルの概念を用いて二人で問いに向き合う内に、大切なことを前向きな気持ちで対話できる夫婦関係が築かれていきます。

家庭は社会の最小単位であり、子どもたちが最初に触れる社会そのものです。わが子に幸せな家庭環境を創り出していける夫婦であるために。夫婦・家族の明るい未来に向けて、ぜひ一家に一冊お持ちください。

よその夫婦と「夫婦会議」を始めてみる!

夫婦会議体験プログラム「両親学級 世帯経営セミナー」※全国出張開催も可能!
https://www.3522navi.com/events/archives/category/partner

それぞれが仕事や家事・育児に一所懸命取り組む日々の中、自分やパートナーがどういう状態を望んでいるのか?何に不安や課題を感じているのか?講師を務める私たち夫婦の体験談の他に、これまでリサーチを重ねてきたご夫婦の事例を交えた「産前産後のリアル」をお伝えしながら、ワークショップやディスカッションを通して「夫婦会議」を体感いただく場です。

「誰にでも起こりうる産前産後の危機を乗り越え、我が子により良い家庭環境を創り出せる夫婦になる」そのためのキッカケをお届けしています。子育て中のご夫婦はもちろん、妊娠中のご夫婦、これからお子さんをお考えのご夫婦、新婚さん、結婚前のカップルさん、ぜひご参加ください!